春分は精液来る祛湿防水虫

   春秋繁露、陰陽の出入りに上篇』にいわく、「春分者で、陰陽の相半もので、昼夜ともで寒暑平.南の地方は春分前後はじめじめして、これはその地理や気候環境の決定のため、湿気を取り除くのは、特に祛湿性水虫はとても重要で、同時にこの時期も不快を飲む肥飽きの汤品ので、推薦一款――のりのりの煮込み豚肉の赤身スープのにおいを持ってある、熱を下げて、痰を取り除き、柔らかい堅効果、常に治療脚気など,精液、蒸し暑い賭ける.また、甲状腺の腫大、頸リンパ結核なども補助治療ができる.のりは15グラム,豚赤身100グラム、生姜糸少々.海苔は1種の非常に栄養の海草、広東汕頭、湛江など一帯産のベスト、その性は冷たくて、味の甘、塩、去痰ソフト機能はかたくて、《本草綱目』によると病気瘿瘤水虫者宜食の、本草経集注』はそれが「治瘿瘤結ガス現代の実用的な漢方薬》の記載にそれが「治水腫、ぬれ症、湿性水虫、甲状腺腫、慢性気管支炎咳、豚赤身性平味の甘、塩、滋陰潤乾燥の役割は、ここでは薬引の役割.まず、海苔は水で片時、豚の赤身も洗い、フレークに切ります
媚薬アリ王.生姜糸と一緒に鍋に加入し、清水せんミリリットル(約よんしよ碗の水量),強火でまず滚沸後、改めとろ火煮るから半時間ぐらい、転職適量食塩と少しサラダ油やごま油で、この量にできる人で.スープを飲んで、りおと豚のやせた肉片、補助甲状腺の腫れ、頚部リンパ結核など、毎週2~3回に入り.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です